著名人

伊沢拓司の父親の現在の職業は旅人?息子への教育法も独特だった…

伊沢拓司 画像

クイズ番組「東大王」の元レギュラーメンバーとも知られる東京大学経済学部出身の伊沢拓司さん。

彼の父親は息子を教育し頭脳明晰に育て上げましたが、現在は旅人として生きているという噂もあります。

今回は気になる伊沢拓司の父親はどんな人なのかについて掘り下げていこうと思います。

伊沢拓司の父親の現在の職業は旅人?

現在の職業は旅人

伊沢拓司さんの父親は現在は会社を退職したのを機に、旅人として生きているようです。

2020年9月7日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」では、番組VTRに伊沢拓司さんの父親が登場し、番組スタッフに「職業は?」と尋ねられたところ「旅人をしております。」と答えています。

会社を辞めてから、自由を求め始めた伊沢拓司さんの父親は旅をしながら生きていくライフスタイルを実現したようです。

息子・伊沢拓司さんも最近の父親は「消息が全然つかめなくて、たまに連絡が来るくらいです」と答えており、日本の何処かで一人の世界を満喫しているご様子です。

会社員時代は凄腕コピーライターとして活躍

伊沢拓司さんの父親の会社員時代は養命酒酒造会社の広告部所属で、コピーライターとして活躍していたそうです。

その養命酒酒造会社には大学卒業からずっと務め、2018年に会社を定年退職しています。

また、コピーライターとは広告の文章を作成することを職業にする人のことを言いますが、情報によれば「敏腕コピーライター」だったのこと。

現役時代は得意の文章力を使って、会社の売り上げに貢献してきたことでしょう。

早稲田大学出身の高学歴者

伊沢拓司さんと言えば東京大学経済学部卒の超エリートですが、父親もまた早稲田大学卒といった高学歴者のようです。

学部は早稲田大学教育学部だったようで、偏差値:62.5~67.5といった難関レベルです。

高校も水戸第一高校(偏差値:73)出身で茨城県の高校でNo.1の難易度を誇ります。

親子揃って高学歴者ということで、伊沢拓司さんは父親の頭の良さを譲り受けた可能性も考えられてきそうです。

息子への教育法も独特だった…

幼い頃から幼児語を使わない

高学歴者の元で生まれ育った伊沢拓司さんは、幼い頃から両親は幼児語を使わずに会話をしていたようです。

幼児語と言えば、ワンワン(犬)・ニャンニャン(猫)など子供が発しやすく、記憶しやすい言葉として育児の際に使ったりすることでも知られています。

しかし、伊沢家とは言うと幼かった拓司さんに対して、幼児語を使わずに大人が使う言葉を使って会話していたそうです。

それに加えて、その言葉の意味をしっかり丁寧に教えることによって語彙力を高めさせようとするといった教育をしていたようです。

その結果、伊沢拓司さんは知らないことに対して何にでも興味を持つようになり、言葉の知識も増え、後々生かされていたと実感しているようです。

他にもある教育法

その他にも伊沢拓司さんを頭脳明晰な息子へと導いた教育法があるそうなので、その教育法の数々をご紹介していきたいと思います。

息子の人生の可能性を広げると同時に、子供のIQを高めるような教育方法を実践されていたようです。

  1. 勉強は強制しない→「勉強はいいから、人間として正しく生きろ」と言われた。
  2. クイズを出す→読んだ本の内容についての問題を出し、発想力を鍛えようとした。
  3. 広い視野を持てるように教育「絶対ということはないから、軽々しく使うな」と怒られたことがある。
  4. 語彙力を鍛える→小学校半ばくらいまで絵本の読み聞かせをした。

今回の記事のまとめ

今回はクイズ番組タレントの伊沢拓司さんの父親についての職業・経歴や息子への教育方法について調査していきました。

父親は高学歴者で、コピーライターとして定年まで働いた後、現在は旅人として自由なライフスタイルを送っているようです。

また、「子供に対して幼児語を使わない」といった独特の教育法を実践したことによって、立派な頭脳明晰の息子に育て上げていました。

今後もそんな伊沢拓司さんのお父様の旅の先での安全を祈っております。