歌手

【特定】加山雄三の現在の住まいのケアハウスはどこ?あの高級施設にいる可能性が…

加山雄三 画像

歌手などの音楽家としても活動し、永遠の若大将とも呼ばれている加山雄三さん。

2019年11月に脳梗塞で入院したのをきっかけに、現在は自宅を出てケアハウスで暮らしているようです。

一体、どのようなケアハウスに暮らされているのでしょうか。

今回は加山さんが現在、お住いのケアハウスはどこなのかについて詳しく掘り下げていこうと思います。

加山雄三の現在の住まいのケアハウスはどこ?

加山さんの現在の住まいは、所属事務所の担当者によるとケアハウスにて奥さんと一緒に暮らしているとのことです。

また、加山さんの自宅の近所の人によると、2019年の暮れに50年近く住んでいた東京都世田谷区成城エリアの自宅から引っ越しているようです。

そのケアハウスに引っ越すこととなったきっかけは、2019年11月に起こった加山さんが脳梗塞で緊急入院したこととなったためではないかと言われています。

更に、2020年8月29日には自宅でトレーニング後に水をがぶ飲みしたのが原因で誤嚥を起こし嘔吐。

その後に強く咳き込んだことで、軽度の小脳出血を起こし、入院しています。

今後いつ体に異変が起きてもおかしくない可能性もあるので、身の安全面を考えた上で引っ越しを決断されたのではないかと考えられます。

  1. 2019年11月   軽度の脳梗塞で緊急入院 
  2. 10日後      退院
  3. 2019年12月   ステージ復帰
  4. 2019年年末   自宅からケアハウスに引っ越し
  5. 2020年8月29日  軽度の小脳出血で入院

あの高級施設にいる可能性が…

現在、暮らしている可能性のあるケアハウス5選

加山さんが現在、暮らしているケアハウスについては週刊誌で報じられており、以下のような条件が揃っている施設であることが分かっています。

  • 東京都中央区にあるマンション
  • 自立型のケアハウス

救急車が駆け付けた東京・中央区のマンションは「自立型ケアハウス」と呼ばれる施設だった。

引用:女性セブン

「昨年の暮れに“自立型ケアハウス”に引っ越したんです。これは脳梗塞になる前から決めていたことです」

引用:女性セブン

ちなみに「自立型」とは「要介護」とは違い、一人で生活でき、介護や支援を必要としていない状況を差しています。

上記の2点の条件が揃っているような施設は、調べてみたところ5件あるようです。

  1. グランドマスト勝どき
  2. ニチイホーム勝どき
  3. サンシティ銀座EAST
  4. ケアハウスあいおい
  5. グッドタイムナーシングホーム日本橋

高級施設にいる可能性が…

加山さんと言えば、数十億の借金をしっかり返せたくらいの財力があることでも知られていますが、現在は「高級施設」に住んでいる可能性もあるようです。

その高級施設というのが「サンシティ銀座EAST」です。

「サンシティ銀座EAST」とは東京都中央区月島にある高級老人ホームのことです。

室内は豪華で、個室からは絶景が見られ、ウォーキングプールまで備えられています。

そのため、料金システムがかなりの高額です。

加山さんの場合、奥さんと同居されているようなので、初期費用だけでも2億円くらいはするのではないでしょうか。

初期費用(1人入居の場合)  約6000万~18000万円

毎月(1人入居) 約30万円  (2人入居)約60万円

しかし、「サンシティ銀座EAST」は有料老人ホームのことで、ケアハウス(軽費老人ホーム)よりもサービスが充実しており、価格も高額です。

週刊誌の情報では、加山さんの現在の住まいは「ケアハウス」とのことなので、東京都中央区にあるマンションの自立型のケアハウスの中でも唯一ある「ケアハウスあいおい」(東京都中央区佃3丁目)に住んでいる説が一番有力かもしれません。

今回の記事のまとめ

今回は加山雄三さんの現在の住まいであるケアハウスはどこの施設になるのかについて調査していきました。

週刊誌の情報にあるように「東京都中央区マンションにある自立型のケアハウス」の情報が正しければ、「ケアハウスあいおい」(東京都中央区佃3丁目)に現在、住んでいる可能性が一番有力です。

また、ケアハウスではなく有料老人ホームとなると、「サンシティ銀座EAST」のような高級施設であることも考えられます。

加山さんもご高齢でこの先いろいろ大変なことがあるかと思いますが、健康で長生きされるように願っております。