歌手

黒崎真音は病気持ちだった?硬膜外血腫や頭痛で苦しんでいた過去がヤバかった…

黒崎真音 画像

アニメソング歌手として活動中の黒崎真音さんが、2021年9月18日に配信ライブ中に急に倒れたという衝撃的なニュースが話題になりました。

更に病院に緊急搬送され緊急手術を受けた結果、無事でしたが、しばらく活動を休養するようです。

突然にして病気に襲われた黒崎さんですが、元々、病気持ちだったのでしょうか。

今回は黒崎真音さんの病気にまつわるエピソードについて掘り下げていきたいと思います。

黒崎真音は病気持ちだった?

緊急搬送されたのは持病が原因?

黒崎真音さんの病歴について詳しく調査してみた結果、特に今まで大きな病気をしたことはないようです。

しかし、なぜ2021年9月18日の配信ライブ中に倒れて病院へ緊急搬送されてしまったのでしょうか。

黒崎さんは緊急搬送された結果、病院にて「硬膜外血種」と診断されたようです。

「硬膜外血腫」とは、頭に強い打撃を受けることでなる血種のことで、黒崎さん倒れたときに強く頭をぶつけた可能性が考えられるでしょう。

なので、黒崎さんは持病をもっていて緊急搬送されたわけではなく、事故の怪我によって緊急搬送されたということになります。

急性硬膜外血種とは、高所、階段からの転倒や、交通外傷などによって、強く頭部を打撲することで、脳を覆う硬膜という膜と頭蓋骨との隙間に血液が貯留した状態を指します。

引用:慶応義塾大学医学部外科 脳神経外科学教室

倒れた原因は何?

「硬膜外血腫」は黒崎真音さんが倒れた後による怪我である可能性がありますが、その前の倒れた原因は何なのでしょうか。

黒崎さんが倒れた詳しい原因については分かってはいませんが、人が急に倒れる原因は以下のようなものがあります。

  1. 神経調整性失神
  2. 低血糖症
  3. てんかん発作
  4. 貧血    など

倒れてしまった原因は様々考えられてきますが、ちょっとした体調変化による「低血糖症」「貧血」や持病による「てんかん発作」なども可能性として考えられてきそうです。

硬膜外血腫や頭痛で苦しんでいた過去がヤバかった…

硬膜外血腫で大変なことに…

2021年9月18日に黒崎真音さんを襲った「硬膜外血腫」ですが、黒崎さんの場合は最重症であった可能性が予測できます。

その理由としては、黒崎さんのように「硬膜外血腫」で緊急手術をする患者は専門家によると、一刻も早く処置を必要とする最重症であるからだそうです。

重症度は出血部位と出血速度に相関し、最重症のものは一刻を争う状態で、緊急手術の適応にもなります。

引用:慶応義塾大学医学部外科 脳神経外科学教室

頭部の打撃後に「硬膜外血腫」になった場合、嘔気や半身の脱力、意識障害などが起こり、命にかかわる危険性もあるようです。

幸いにも、手術は成功し、容態は安定していることを報告しているので、本当に無事で良かったですよね。

頭痛持ちで苦しんでいた

黒崎真音さんは過去に頭痛によって苦しんでおり、頭痛持ちだったようです。

2020年6月1日の公式Twitterでは、頭が痛く寝込んでいる写真が投稿されています。

頭痛持ちの人は、「遺伝」「女性ホルモンの変化」「ストレス」「睡眠障害」「天候の変化」などが原因で発症するそうですが、今回は低気圧が原因で頭痛が発症したと本人は考えているようですね。

寝込んでいる写真が投稿されているほどなので、頭痛の症状はかなり辛いものなのかもしれませんね。

今回の記事のまとめ

今回はアニメソング歌手の黒崎真音さんの病気にまつわるエピソードについて調査していきました。

持病をもっているという情報はないものの、以前から頭痛の症状で悩まされていたようですね。

また、「硬膜外血腫」では緊急手術を受けるほどの重症だったものの、無事だという報告が聞けて本当に良かった限りです。

今後は復帰がいつになるか分かりませんが、また黒崎さんの元気が姿が見られることを心よりお祈りしています。