皇族

眞子様の複雑性PTSDが嘘と言われる3つの理由がヤバい…仮病説の真相は?

眞子内親王 画像

日本の皇族である秋篠宮家の長女である眞子様は、大学時代の知り合いである小室圭さんと結婚が決まったことで話題になりました。

世の中ではその2人の結婚を反対意見も多く、その影響を受けたことが原因で眞子様は「複雑性PTSD」という病気と診断されたと発表しました。

しかし、その病気を患っているのはなのではないかというウワサもあるようです。

今回は眞子様の複雑性PTSDが嘘だと言われる理由について掘り下げていきたいと思います。

眞子様のPTSDについて

2021年10月1日、宮内庁は眞子様が医師から「複雑性PTSD」というメンタル系の病気と診断されたことを明らかにしました。

その病気の原因なったのは、小室圭さんと婚約発表してから続いた眞子様に対する批判的な意見だといいます。

眞子様が複雑性PTSDを発症した2018~2019年の期間は、ちょうど小室さんの家族に「借金トラブル」があったことが発覚し、世の中に知れ渡りました。

このことが原因で、眞子様と小室さんの結婚を反対する意見がでてきました。

2人の結婚について国民の感情をあおる原因になったひとつに、小室氏の母親とその元婚約者の間に生じた金銭問題がある。

引用:PRESIDENT Online

自分の愛した人との結婚を多くの人に反対されることで、眞子様がネガティブな感情になっていたことは確かのようです。

眞子様のPTSDが嘘と言われる3つの理由がヤバい…

(1)PTSDになると考えずらいから

眞子様が複雑性PTSDを患っているという事実は考えずらいという意見もあるようです。

なぜならば、複雑性PTSDは強いトラウマ体験によって引き起こされる病気だからです。

複雑性PTSDとは?

暴行、性的虐待、家庭内暴力、拷問及び戦争のような長期の対人関係の外傷に起因する臨床上で認識された病気である。

引用:Wikipedia

一方で、眞子様の心が病んだ原因は、小室さんとの結婚に対する批判的な意見(一部で誹謗中傷なども含まれる)です。

確かにネット上で誹謗中傷などをされるととても辛い気持ちになります。

ですが、暴力・虐待・戦争などで経験する強いトラウマ体験とはまた違ったものです。

よって、眞子様は状況的に「複雑性PTSD」になるような経験をしていないことから、嘘なのではないかと考えられているようです。

(2)改善策がPTSDの治療になっていない

眞子様の複雑性PTSDの改善策について、宮内庁が発表したものと実際の複雑性PTSDの治療法には大きな差があるようです。

宮内庁は、眞子様に対する一部での誹謗中傷がなくなれば速やかに改善すると言及しました。

「結婚されることで、眞子内親王殿下のご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、『複雑性PTSD』の改善が進むと考えられます。 ご結婚について、周囲の方々からの温かい見守りがあれば、ご健康の回復がさらに速やかに進むものと考えられます」

引用:J Bpress

しかし、実際の複雑性PTSDの患者は特別な治療法を受けて少しずつ改善していきます。

STAIR/NST療法は、STAIR(感情調整と対人関係調整スキルトレーニング)とNST(ナラティブ・ストーリー・テリング)の二つの要素から構成されている。この治療法の特徴の一つは、段階的な治療構造であり、患者が無理なく一歩ずつトラウマからの解放へと進んでいけるよう支援していく。

引用:Wikipedia

ゆっくり改善する複雑性PTSTに対して、宮内庁がいう眞子様の病気の改善は割と単純なものような感じがします。

ネット上では、眞子様が「複雑性PTSD」と大げさに表現して、実際は単に誹謗中傷などを一気に減らす目的なのではないかといった意見もあるようです。

(3)他の病気の可能性が高いから

複雑性PTSDと診断された眞子様は、専門家によると他のメンタル系の病気なのではないかと考えられているようです。

その病気として候補が上がっているのが、「適応障害」です。

適応障害とは、日常生活においてストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が出る病気のことです。

また、強いトラウマによって起きる複雑性PTSDよりも、治療は容易にできます。

誹謗中傷がなくなることで眞子様の体調改善の見込みがあるならば、「複雑性PTSD」といった重い病気ではなく、「適応障害」なのかもしれません。

宮内庁の発表では「誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、複雑性PTSDの改善が進むと考えられます」とありました。 それで症状が良くなるのであれば、やはり適応障害というのがより適切な診断と思います。

精神科医 和田秀樹氏より

引用:AERA dot.

仮病説の真相は?

眞子 小室圭 画像

複雑性PTSDではない可能性もある眞子様ですが、仮病を使っているのでしょうか。

結論から言うと、眞子様は複雑性PTSDを患っているのは本当で、仮病ではない可能性もあります

医師によっては、眞子様のように長年のネット上の誹謗中傷がトラウマになってしまい複雑性PTSDを発症してしまうこともあると考える人もいるようです。

メンタル系の病気は、判断が難しいため、医師によっては判断基準が違うこともあるのかもしれません。

眞子様が複雑性PTSDであるにしろないにしろ、精神的な大ダメージを受けていることには変わりはなさそうです。

今回の記事のまとめ

今回は眞子様が患っているメンタル系の病気・複雑性PTSDは嘘の情報かどうかについて調査していきました。

複雑性PTSDではないと言われる理由もいくつかありますが、このようなメンタル系の病気は医師によって判断基準が違う可能性も十分に考えられます。

実際は複雑性PTSDかどうかは分かりませんが、少なくとも民衆からの批判をさけたいという思いがあるでしょう。

なので、SNSなどに心のない声を書くのはやはり止めた方がいいかと思われます。

辛いとは思いますが、どうか眞子様の体調が早く治ることを願っております。