中嶋涼子の車椅子生活の理由は原因不明の病だった…絶望からの逆転人生が凄い!

中嶋涼子 画像

日本の「車椅子インフルエンサー」と知られる中嶋涼子さんは、テレビ出演やyoutuberとしても活動しているタレントさんです。

中嶋涼子さんは今でこそ、充実した人生を送っていますが、過去には突然の原因不明の出来事で車椅子生活をすることになったといいます。

今回は中嶋涼子さんの車椅子生活をするようになった理由とその後の逆転人生について掘り下げていきたいと思います。

中嶋涼子のプロフィール

中嶋涼子さんは自身を「車椅子インフルエンサー」と名乗り、芸能活動や情報発信をされている方のようです。

  1. 生年月日   1986年7月16日
  2. 職業     タレント・Youtuber
  3. 出身     東京都大田区
  4. 学歴     南カルフォルニア大学映画部卒業

 

彼女は普段は車椅子に乗って、生活しているようです。

その車椅子に乗るようになったきっかけが、小学生の頃に突然にして足が動かなくなるという謎の症状に襲われた出来事だといいます。

しかし、現在はテレビ・ネット番組やラジオ出演や2020年東京パラリンピックへの参加など積極的に活動されています。

車椅子生活の理由は原因不明の病だった…

中嶋涼子さんは最初に車椅子生活になったのを機に、今までに2度の大きな怪我をされてしまったようです。

その2度の起きた事故の話についてご紹介していきたいと思います。

【1】突然、足に力が入らなくなる

中嶋さんは小学3年生の冬に、学校の休み時間に突然、足に力が入らなくなるといった症状が起きたといいます。

当時は中嶋さんは普通に健康な女の子だったようですが、風邪をこじらせ、その1週間後に学校へ通った際にその異変がでました。

休み時間に友人と鉄棒をしていた中嶋さんは、鉄棒から降りた際にいきなり足に力が入らなくなり、学校の保健室へと運ばれます。

10分程、保健室で休憩を取りましたが、既に中嶋さんの足は動かなくなっていたそうです。

その後、3箇所の病院へ診察を受けましたが、はっきりとした原因が分からなかったといいます。

医師は中嶋さんを「横断性脊髄炎」と診断し、そこから車椅子生活が始まったといいます。

脊髄の一部分が横方向にわたって炎症を起こすことによって発生する神経障害です。 「脊髄炎」は、脊髄の炎症を意味し、「横断」とは、単に炎症の発生する部位が脊髄横断面であることを示します。 炎症の発作によって、ミエリン(神経細胞繊維を覆っている脂肪性の絶縁物質)が損傷または破壊されます。

出典: 国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)、横断性脊髄炎協会

【2】失神レベルの大怪我をする

成人してからも車椅子生活を送っていた中嶋さんですが、一人暮らしを始めた際に突然、大腿骨骨折といった怪我をします。

ある日、落とした携帯電話を拾おうと前かがみになったときに、中嶋さんの右太ももから骨が折れたような音がしたそうです。

しかし、骨折後は身体も頭痛・微熱などの軽い症状だったので3日間病院へ行かずに放置したそうです。

ですが、その後に右太ももがどんどん太くなってきくのが怖くなり、整形外科に行った結果「大腿骨骨折」だと分かります。

もし、感覚があった場合は失神するほどの痛みに襲われていたそうです。

中嶋さんの身体は、現在もへその下からは感覚がない状態で、トイレにも苦労するんだとか。

絶望からの逆転人生が凄い!

車椅子生活で絶望体験をする

現在でこそ明るい中嶋さんですが、過去には車椅子生活で何度も絶望するようなことがあったといいます。

その彼女が実際に体験した苦労が以下のようになります。

  1. 出かける際は段差・坂の影響で、何倍ものエネルギーを使い疲弊してしまう
  2. 色々な人に見られ、周りの目に敏感になってしまう
  3. 自分が嫌になり、引きこもる時期もあった
  4. 骨折手術後は仕事の講演会に参加できず、ショックで大泣きした

これ以外でも中嶋さんは車椅子生活で色々と苦労していると考えられます。

実際に経験したことにしか分からない辛さが、感じられますよね。

映画を見たことをきっかけに人生好転

中嶋さんは一時期は、車椅子生活に絶望を感じ引きこもっていた時期もあったとありました。

しかし、そんな彼女を救ってくれたのは映画「タイタニック」の存在だったようです。

映画「タイタニック」を見た中嶋さんは感動し、いつしか映画制作の夢を抱きます。

そこからの中嶋さんの行動力は凄く、高校卒業後は車椅子でアメリカ留学して映画の勉強をしたり、現在では自分らしい生き方を実現しています。

映画「タイタニック」の影響も凄いと言えますが、それ以上に中嶋さんの「理想に向かっての行動力」がとても素晴らしいものですね。

  1. 2005年   エルカミーノカレッジ(短大)へ入学
  2. 2008年   南カルフォルニア大学映画学部へ入学
  3. 2016年   FOXネットワークスにて映像クリエイターとして勤務
  4. 2017年   車椅子インフルエンサーとしてテレビ出演・Youtube制作などに携わる

今回の記事のまとめ

今回は車椅子インフルエンサーとも有名な中嶋涼子さんの車椅子生活のきっかけからそこからの人生逆転の話についてご紹介していきました。

  1. 小学校3年時に原因不明の症状により、余儀なく車椅子生活が始まる(診断結果:横断性脊髄炎)
  2. 成人して一人暮らしを始めた際には、大腿骨骨折という大怪我をする
  3. 車椅子生活での絶望で引きこもっていた時期もあったが、映画「タイタニック」に感銘を受け、自ら行動を起こした

一見して中嶋さんのように原因不明の病気で、車椅子生活を送るなんてことは不幸に思えるかもしれません。

しかし、彼女は車椅子生活で学んだことを生かして、現在はインフルエンサーとして活躍するまでに飛躍しました。

今後もさらなる成長をし続ける中嶋涼子さんを応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA