事件

【顔画像】大阪コンピュータ会社社長殺人事件の犯人は誰?犯行動機がヤバかった…

2021年10月、大阪府中央区のマンションで住人のコンピューター関連会社の社長が殺害された事件が話題になりました。

現段階では犯人や犯人の犯行動機などは分かっておらず、捜査をしているようです。

今回はその大阪府で起きたコンピューター会社殺人事件の犯人や犯行動機について考察していきたいと思います。

大阪のコンピューター会社社長殺人事件とは?

事件の内容は?

2021年10月2日、大阪市中央区北久宝寺町1丁目のマンションで、60代のコンピューター会社社長が倒れて死亡していることが確認されました。

被害者男性の頭などにはたくさんの傷があったことで、殺害された可能性が高いようです。

通報した同僚は、最後に被害者男性に会ったのは9月30日だったと説明しています。

それから被害者男性とは一切連絡がとれないことを心配し、自宅を訪れた結果、ベットで亡くなっていたそうです。

被害者男性は誰?

被害者男性の名前は八ツ田和夫さん(67)というコンピューター会社の社長のようです。

「オリエントコンピュータ株式会社」の代表取締役社長を務められています。

会社概要

所在地  東京本社:160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7-1

     大阪支店:541-0057 大阪市中央区北久宝寺町1-5-6

事業内容 情報セキュリティ製品の開発・製造・販売

     コンピュータ関連ハード・ソフト製品の開発・製造・販売

     PCメディアやハードディスク等のリサイクル

【顔画像】大阪コンピュータ会社社長殺人事件の犯人は誰?

大阪市中央区マンション

コンピュータ会社社長の八ツ田和夫さんを殺害した犯人は現時点では特定できていません

なので、顔画像の情報もありませんでした。

警察は防犯カメラ映像などを解析し、犯人を見つける手がかりを探しているようです。

しかし、専門家によると殺人犯の大半は被害者の知り合いや身内のようです。

以前から八ツ田和夫さんと何らかの関係を持っていた人が犯人である可能性がかなり高そうです。

犯行動機がヤバかった…

今回の殺人事件の犯人は被害者の八ツ田和夫さんに対して、強い恨みを持っていたのではないかと考えられます。

なぜなら、現場マンションには財布に入った現金・携帯電話などは残されていたことから、物取り目的の殺人事件ではない可能性が高そうだからです。

また、遺体の身体中に複数の殴られた跡があったようなので、犯人は強い憎しみを晴らすために暴力を振るったのかもしれません。

恨まれていた理由としては以下のような候補が上がりそうです。

  • 従業員から恨まれいた(人件費削減のため、社員の仕事量を増やすなど)
  • 身内・親戚などと何らかのトラブルがあった
  • 知り合いに対して自己中心的な行動をとってしまった

今回の記事のまとめ

今回は大阪コンピュータ会社社長殺人事件の犯人についてや犯行動機について調査していきました。

現時点では情報量が少なく、具体的に犯人や犯行動機を特定することは難しそうです。

しかし、犯人は社長の身内や知り合いで、犯行動機は怨恨によるものである可能性も考えられてきそうです。

この度は事件でコンピュータ会社社長・八ツ田さんが亡くなられたことを心よりご冥福お祈りいたします。