番組

【坂上どうぶつ王国】猫マスター響介のリアル猫の恩返しエピソードが凄かった!

坂上どうぶつ王国 画像

人間と動物が触れ合いテーマとしたバラエティー番組「坂上どうぶつ王国」

2021年9月3日の放送では「リアル猫の恩返しで人生逆転」といった番組内容でお送りし、猫マスター響介さんといういう方の人生逆転エピソードが紹介されるようです。

今回はその猫マスター響介さんの猫の恩返しエピソードについてご紹介していきたいと思います。

猫マスター響介さんとは?

猫マスター響介さんとは、猫マスター(猫のグッズ販売・猫の情報発信ブログ運営)をしながら作編曲家のお仕事をされている30代の男性です。

響介さんは猫の力によって人生を大逆転させることができました。

20代前半の頃は狭いワンルームのアパートに住んでいたようですが、5匹の猫を飼い始めてから運気が上がり、現在は総額約1億円の豪邸に住むという夢を叶えたそうです。

猫のためにと、一念発起した響介さんは仕事に全力を注ぐことによって人生を大逆転させたのでした。

リアル猫の恩返しエピソードが凄かった!

猫との同棲生活

幼い頃から猫を飼いたいという気持ちがあった響介さんは、実家を出てアパート暮らしを始めますが、窮屈な生活を送ることになります。

当時、保護猫2匹・捨て猫3匹と一緒に暮らしていた響介さんは、ワンルームの賃貸アパート住まい暮らしていました。

部屋中に楽器・機材・漫画などの物がいっぱいで猫たちにとっては生活しずらい場所だったそうです。

仕事面でも上手くいっておらず、日々をダラダラと過ごしていたようです。

更に録音機材を含む設備投資や楽器代など1000万円もの借金がありました。

しかし、このままでは猫たちがかわいそうと思うことをきっかけに響介さんは人生大逆転を果たします。

広い家を建てるために仕事に打ち込む

5匹の猫たちと窮屈な生活を過ごしていた響介さんでしたが、猫の快適な暮らしのために、「30歳までには家を建てよう、絶対建てる!」と心に決めたそうです。

それと同時に「僕は今この小さな命を守るために生きてるんだ」と強い責任感を感じたと話しています。

猫たちの世話をしながら、丁寧にがむしゃらに仕事に取り組んでいるうちに、仕事の成果はみるみる良くなっていったそうです。

そして、25歳の若さで、仕事部屋以外は5匹の猫たちが自由に走れ回れる4LDKのマンションを現金一括で購入することを実現します。

その後も、最終目標である家を建てるために、全力で仕事に打ち込みます。

それに加えて、「こんな家を建てたい」と紙に書いたりなどのイメージトレーニングをし続けたと言います。

最終的な結果として、31歳で猫たちを最高に幸せにできる家である総額1億円の家を建てること成功させたのでした。

今回の記事のまとめ

今回は2021年9月3日の放送の「坂上どうぶつ王国」で紹介されるリアル猫の恩返しを経験した猫マスター響介さんの人生逆転エピソードについて調査していきました。

始めは作編曲家のお仕事が上手くいってなかったようですが、猫を飼い始めたことによって責任感が生まれ、理想の生活が送れるようになったという素敵な話でしたね。

今後も猫を大切にする心優しい猫マスター響介さんのご活躍を応援していきたいと思います。