【2022年】中川翔子の体調不良の原因は?ストレスと言われる3つの理由がヤバい…

中川翔子 画像

タレントの中川翔子さんが、2022年1月1日の新年早々に体調不良で緊急入院したことで世間をざわつかせました。

その理由としては、アナフィラキシーを起こしてしまい、命の危険性がある状態だったといいます。

今回はなぜ中川翔子さんはアナフィラキシーを起こしてしまったのかについて考察していきたいと思います。

【2022年】中川翔子の体調不良の原因は?

アナフィラキシーで病院へ緊急搬送

2022年1月1日に中川翔子さんは自身のTwitterにて、病院に緊急搬送されてしまった理由をアナフィラキシーだと言っています。

また、それによる肝機能の低下でしばらく入院しなければらならいことも明かしています。

アナフィラキシーについて調べてみたところ、生命の危機に関係するような大変危険な状態だと専門家は述べています。

中川翔子さんの場合は、今のところ入院すれば回復しそうな状況なので、取り敢えず一安心といったところですね。

その中でも緊急性があり、生命の危険が考えられる状態がアナフィラキシーです。 アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が体内に入ることにより、複数の臓器や全身に症状が起こり、生命に危険が及ぶ過敏反応のことです。 その中でも血圧低下や意識障害を伴う状態をアナフィラキシショックと呼んでいます。

引用:恩賜財団済生会

アナフィラキシーの原因は?

アナフィラキシーが起こる原因としては、様々なものが考えられます。

食べ物・薬品そして虫刺されによるアレルギー反応で起こる場合が多いと言われています。

現段階では、中川翔子さんが病院へ運ばれる前に、処方箋を飲んでいた・虫に刺されてしまったなどの目立った情報は見当たりません。

しかし、身近な環境で起こるストレスなどによっても、アナフィラキシーを増悪させる要因になると専門家は言います。

中川翔子さんはTwitterでも、疲れやストレスがたくさん溜まっていたような状況であったという風に述べています。

いろいろ溜まってたんだと思うからついにお正月はゆっくりやすみます!

引用:Twitter

もしかすると、蓄積されたストレスが原因で、中川翔子さんの身体にアナフィラキシーが起こりやすくなっていたのかもしれませんね。

ストレスと言われる3つの理由がヤバい…

中川翔子さんが今回アナフィラキシーを起こしてしまった理由としては、ストレスが大きく関連していたのかもしれません。

その理由がこちらの3つになります。

  1. 大晦日のRIZINの解説を任され、終わった後も悩んでいた
  2. 殺害予告・誹謗中傷を受けていた
  3. 元々、ネガティブな性格だった

それでは1つずつ見ていきましょう。

大晦日のRIZINの解説を任され、終わった後も悩んでいた

2021年12月31日の中川翔子さんが病院へ緊急搬送される日の前日、中川翔子さんは大晦日RIZINのリングアナウンサー・ゲスト解説をしていました。

しかし、その日の中川翔子さんのアナウンスの評判はイマイチで、ネット上では一部、批判を食らっていたようです。

リングアナではお馴染みの高い声とはひと味違う、迫力を効かせた声を響かせて場内を盛り上げていた。一方で、解説では「朝倉兄弟寄りのコメントが多い」「偏ったコメントは気分が悪い」などの批判も浴びていた。

引用:デイリー

そして、試合後も一部の批判の声に対して、気にしている様子でした。

人それぞれ意見が違うことは仕方のないことですが、中川翔子さんにとっては批判的な声はかなりショッキングだったことは確かのようです。

一概には言えませんが、自分自身を追い込みすぎた結果として、アナフィラキシーショックを増悪させてしまったのかもしれませんね。

殺害予告・誹謗中傷を受けていた

2021年10月には自身のYoutubeチャンネルにて、20代の男性から殺害予告や誹謗中傷されていたことも明らかにしていました。

書類送検された容疑者は、ネット掲示板に中川翔子さんに向けて「自殺しろ」「殺害する」などのメッセージを送っていたようです。

また、移動の際にはストーカー被害にも遭っていたことを告白しています。

このような被害に遭った身になると、普通に強い恐怖を感じますし、精神的におかしくなってしまっても仕方のないでしょう。

こうした命に関わるような強いストレスの積み重ねが、今回のアナフィラキシーを招いてしまったのかもしれませんね。

元々、ネガティブな性格だった

中川翔子さんは世間では性格の明るい方の印象ですが、元々はネガティブでメンタル的にそれほど強くないことも明かしています。

学生時代は内向的で、消極的だったようです。

もともとネガティブな性格ということもあり、学生のときは、超のつくインドア派でした(苦笑)。

引用:タレント辞書

また、中学時代は壮絶的なイジメに遭い、一時は「死にたい」と思い詰められる経験もしたといいます。

芸能人の方のように誹謗中傷など言われ慣れている方にとっても、やはりネガティブな意見はいい気がしないと思います。

また、中川翔子さんは元はネガティブな性格だったので、メンタルの強い方よりも傷つきやすいのではないかと考えられます。

ストレスを感じやすい性格だからこそ、アナフィラキシーのような症状が出てしまったのかもしれませんね。

今回の記事のまとめ

今回は2022年1月に中川翔子さんがアナフィラキシーで病院へ搬送されてしまった原因について調査していきました。

アナフィラキシーは、日常生活でのストレスによっても増悪させる場合があると言います。

特に中川翔子さんは、「大晦日のRIZINでの批判に悩んでいた」「誹謗中傷・殺害予告を受けていた」「元はネガティブな性格」であることで、強いストレスが慢性的に溜まっていたのかもしれません。

今はゆっくり休んで、また、中川翔子さんの元気な姿を見られることを願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA